本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッタリンク
【参:カテゴリイメージ】アイングループの薬局
H1

薬局プレアボイド一覧

コンテンツ

事例一覧

事例01-いつもと同じ薬でも、薬の量のチェックが大切

薬によっては、患者さまの年齢や体重、体調変化により処方量の調節が必要になることがあります。
いつもと同じ内容の薬であっても、薬剤師は薬をお渡しする前に毎回、今日の薬の内容が"今の" 患者さまにとって最適であるか確認しています

医療機関からいつもと同じ循環器の薬が
6種類処方された患者さまの事例

<処方内容>
アピキサバン錠5mg(血栓予防薬) 1回1錠
1日2回朝夕食後他5種

約3年ほど同じ処方内容
この薬は血栓を防ぐ薬だが、「年齢・体重・腎機能」により薬の量が決まるため薬剤師は改めてアピキサバンという薬に着目した。

<アピキサバンの薬の量の決め方>
通常は今回の処方のように、1回5mg 1日2回で服用する薬だが、
80歳以上、60kg以下、血清クレアチニン(腎臓の働きを評価する数値)1.5mg/dL以上の3項目のうち
2つ以上該当する場合は1回量を2.5mgに減らす必要がある。

患者さまはこのたび80歳になられたため、薬剤師は改めて薬の量が今の患者さまに適しているか確認が必要と考えた。
患者さまに体重をお伺いしたところ、60kg以下とのこと。
80歳、60kg以下の場合、1回5mgでは薬の効果が強く出すぎ、出血傾向が強まるリスクがあると判断。
そこで医師と相談した結果、1回2.5mgに減量することとなった。
医師からは「腎機能も低下してきていたのでタイミング的にちょうどよかった。電話をもらえてよいきっかけになった。」とのコメントがあった。

事例02-患者さまとのお話の中から副作用の可能性を発見

薬剤師から、あらかじめ、過去に副作用症状が出た可能性のある薬について確認させていただきますが、新しい薬を服用・使用した後には、気になる体調変化がなかったか確認させていただいています。
とくに、アレルギー性の副作用は1回目よりも2回目の方が症状がひどくなることがあるため患者さまご自身が大きな問題と思っていないことでも教えていただけるように心がけています。

前回抜歯を行い、抗生物質・痛み止め等が
処方されていた患者さまの事例

<処方内容>
アモキシシリンカプセル250mg (抗生物質、化膿止め)
ロキソプロフェンNa錠60mg (鎮痛・抗炎症剤)


今回も同じ内容の薬が処方されていた。
薬をお渡しする際、前回の薬を飲んだときに下痢や吐き気がなかったか確認したところ、患者さまは「吐き気や下痢はなかったけど・・・。」と少し考えるようなしぐさが見られた。
続いて、「痒みや発疹など気になることはなかったですか?」と尋ねたところ、「薬を飲んで1~2日は軽い湿疹が出て、3日目から足以外の全身に発疹と痒みが出ました。あせもだと思ったので、薬は飲み切りました。飲み切った後、症状は落ち着きました。」とのお話だった。
患者さまは「あせも」だと思ったため、医師にはお話されなかったとのこと。症状から、抗生剤による薬疹の可能性が考えられた。
今回また服用することで症状が再発、悪化するリスクがあったため、患者さまに説明して医師に連絡。
その結果、前回とは化学構造の異なる系統の抗生剤に処方変更となった。

<処方変更>
アモキシシリンカプセル250mg(ペニシリン系抗生物質)

クラリスロマイシン錠200mg(マクロライド系抗生物質)