本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッタリンク
【参:カテゴリイメージ】CSR・ESG
CSR・ESGのイメージ画像
H1

地域社会・取引先との連携

コンテンツ

SDGs

SDGs

地域コミュニティ及びサプライチェーンとともに、健康な社会づくりとサステナビリティ活動を推進する

中期アクション:地域とのコミュニケーションとサプライチェーンとの協働により、さらなる価値向上を推進していきます。


アイングループの取り組み

  • 地域社会との調和と共生を目指し、健康活動等を通じた社会貢献を推進します
  • CSR調達の導入により、サプライチェーン全体でサステナビリティ活動を推進します

SDGsへの貢献

SDGs

地域社会・取引先との連携に関する2025年度目標

SDGs

SDGs

SDGs



地域に向けたさまざまな活動

アイングループでは、地域の方への医療や健康の啓発活動を各地で開催するとともに、認知症サポーターの養成等を通じて、 地域の健康維持・推進に貢献しています。

地域コミュニティへの健康教育

薬局周辺地域にお住まいの方を対象に、健康増進を目的とした薬局イベントを開催しています。また、地域コミュニティからご依頼をいただき、会合や高齢者等施設にて薬剤師による勉強会を開催。薬の正しい飲み方、在宅医療、認知症予防等、さまざまなテーマで勉強会を実施しています。

取り組み事例「認知症に関する啓発活動」の実施

取り組み事例「高密度測定会」の実施

取り組み事例「薬物乱用防止教室」の実施

がん早期発見啓発活動

アイングループではピンクリボン月間にあわせて、毎年10月1日からの1ヶ月間がんの早期発見を目的とした啓発活動を行っています。
ピンクリボンは乳がんの「早期発見・早期診断・早期治療」の大切さを伝える世界規模のキャンペーンシンボルマークです。 診断と治療の進歩により早期発見・早期治療が可能となっていることから、がん検診の受診率を向上させがんを早期に発見することが極めて重要です。私たちは地域の皆さまの健康を願い医療を担う調剤薬局として、ピンクリボン活動に取り組むとともに、すべての患者さまへがん検診の重要性について呼びかけを行っています。

京都地区蘇生会総合病院とアイン薬局伏見店の共催で、市民講座を開催
市民講座を開催
新潟地区乳腺科専門医師による講演会を開催
乳腺科専門医師による講演会の開催
東京地区市民講座にて乳がんモデルを使用した触診体験を実施
市民講座にて乳がんモデルを使用
した触診体験を実施

認知症サポーターの養成

認知症サポーターの養成

2013年4月より認知症サポーター養成を本格的に開始し、患者さまやそのご家族に対し適切な対応ができるスタッフを育成しています。2016年度新入社員研修より入社社員全員が養成講座を受講し、その証であるオレンジリングを身につけています。

また認知症における薬物治療の専門家である「認知症研修認定薬剤師」の取得支援も、積極的に行っています。

認知症サポーターキャラバン

スペシャリスト教育

禁煙サポート活動

禁煙サポート活動

2010年よりアイングループでは禁煙サポートに取り組み、薬剤師法第1条に規定されている薬剤師の責務「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」を果たすべく活動を続けています。この活動を通じ、禁煙支援のできる薬剤師を育成しています。

薬物乱用防止活動

覚せい剤や大麻等、医療目的にない薬物の乱用防止活動を推進しています。地域の方々に向けた啓発ポスターの掲示をはじめ、学校薬剤師として、各地の小中高等学校での薬物乱用防止活動も行っています。

学校薬剤師

全国各地の小中高等学校等で、児童生徒の健康向上のための活動を実施しています。 学校薬剤師は、校内の水道やプールの水質検査をはじめアレルギー疾患の原因となるダニアレルゲン検査、炭酸ガス等の空気検査、明るさやまぶしさを調べる照度検査等を実施し、児童生徒の快適な学校環境衛生の保全に努めています。

職業体験の開催

こども職業体験の開催

アイングループの一部薬局では毎年夏休み期間を中心に小学生を対象とした「こども職業体験」を開催しています。お菓子やジュースを薬に見立てて、薬局で働く薬剤師の仕事を実際に体験してもらうことで、薬局を身近なものに感じていただき、また、一緒に参加される保護者の方々を含め、薬局の仕組みや調剤の工程等を知ってもらうことで、薬物療法や薬局の役割について深く理解していただく機会にもなっています。

取り組み事例

地域や他業種と連携した取り組み

アイングループでは、国や自治体、他企業と連携し、持続可能な社会の実現に貢献します。

医療用医薬品の配送回数の削減のトライアルを実施

適切な在庫コントロールを行うことで、医薬品配送回数の削減に取り組んでいます。 アイングループの強みを生かし、卸会社と協業して、CO2削減による地球環境への配慮や効率性、社員の働きがい等を実現した、持続可能な新たな医薬品流通モデルの構築へ向けた取り組みを行っています。 これからも医療、卸両業界全体に貢献していきます。

    

共同リリース

配送回数の削減

配送回数の削減

適切な在庫コントロールを行うことで、医薬品配送回数の削減に取り組んでいます。 アイングループの強みを生かし、卸会社と協業して、CO2削減による地球環境への配慮や効率性、社員の働きがい等を実現した、持続可能な新たな医薬品流通モデルの構築へ向けた取り組みを行っています。 これからも医療、卸両業界全体に貢献していきます。

    

共同リリース

配送回数の削減
配送回数の削減

 


 

オンライン診療・オンライン服薬指導と連動したドローン実証実験について

医薬品や日用品等、配送体制の維持が困難となりつつある地域の課題解決と、ウィズコロナ時代における診療・服薬指導及び配送時の感染リスク低減に貢献することを目的とした実証実験にも取り組んでいます。

共同リリース

共同リリース

国内初、屋外での小型低速ロボットによる処方箋医薬品配送の実証実験を実施

非対面・非接触のサービスニーズが高まる中、診察、服薬指導、医薬品の受け取りまでを完結できることで、患者さまの薬物治療の継続へ貢献できるものと考え、実証実験を行いました。

当社リリース

処方箋医薬品当日配送の実証開始 -「ゆうパック」による当日配送スキームの構築 -

患者さまのニーズが変化する中、日本郵便株式会社および当社は安全かつ迅速な医薬品流通ネットワークを構築することが必須であると考え、両者が持つリソースやノウハウを融合・活用して医薬品の新たな配送スキームを構築することに合意し、実証を開始しました。

共同リリース

さっぽろまちづくりパートナー協定への参加

さっぽろまちづくりパートナー協定への参加

「さっぽろまちづくりパートナー協定」は2008年度より企業と札幌市がまちづくりに関して協力体制を構築するために締結している協定です。この協定では、札幌市の複数分野の施策・事業において連携・協力し合うことNPOや地域団体等が行っているまちづくり活動とも連携・協力すること、または、企業が自らまちづくり活動に取り組むことを取り決めています。
アイングループ自らがまちづくりに参加していくことはもちろんのこと、札幌市と連携することで、双方の強みを生かしながら「市民力を結集したまちづくり」に取り組んでいきます。

札幌市ホームページ

当社リリース

CSR調達方針の策定に向けて

アイングループは、持続可能な社会の発展に向けて、グループのみならず、バリューチェーン全体で取り組みを進めることが重要であると考えています。アイングループ 行動指針等を踏まえ、「アイングループCSR調達方針」の策定及び開示に向けて準備を進めています。

医薬業界発展のための寄付講座・共同研究

現場の第一線に立つ私たちアイングループと、教育機関・研究機関が連携することで、医薬業界の発展に寄与できると考えています。今後も、産学協同の取り組みを推進していきます。

寄付講座・共同研究

その他NPO・NGOとの連携や寄付・協賛等を通じた活動

国際教育音楽祭 パシフィック・ミュージック・フェスティバルへの協賛

一般社団法人 札幌大学ウレシパクラブへの協賛

パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)は、20世紀を代表する指揮者、作曲家のレナード・バーンスタインによって1990年に札幌に創設された国際教育音楽祭です。PMFの中心は、世界を代表する音楽家を教授陣に迎え、オーディションで選ばれた世界各地から集まる若手音楽家を育成する教育プログラム「PMFアカデミー」。豊かな才能を持つアカデミー生たちは、毎年7月の約1カ月間、教授陣から高い技術と豊富な経験を受けつぎ、音楽を通じた国際交流、国際相互理解を深めています。教育の成果は、札幌をはじめ各地で開催される演奏会で広く披露されます。

国際教育音楽祭 パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)

一般社団法人 札幌大学ウレシパクラブへの協賛

 

一般社団法人 札幌大学ウレシパクラブへの協賛

「ウレシパ」とはアイヌ語で「育てあい」を意味します。札幌大学は、 2010年からアイヌの若者に対する奨学生制度を創設し、未来のアイヌ文化の担い手として大切に育て、一般市民や志の高い企業とともに、多文化共生コミュニティのモデルを創出するウレシパ・プロジェクトを行っています。2013年4月からは一般社団法人として活動しており、アイングループは、このウレシパ・プロジェクトに賛同し、この取り組みに協賛しています。

一般社団法人 札幌大学ウレシパクラブへの協賛

劇団四季「こころの劇場」への協賛

「こころの劇場」は、子ども達に「生命の大切さ」「人を思いやる心」「信じあう喜び」等、人が生きていく上で大切なものを、舞台を通じて語りかけることを目的に2008年より劇団四季が行っているもので、北は北海道・利尻島から南は沖縄県・石垣島/宮古島まで、日本全国の子ども達を無料で劇場に招待しています。

劇団四季「こころの劇場」

「ピンクリボン in SAPPORO」への協賛

「ピンクリボン in SAPPORO」では2016年より、乳がん検診の必要性や、患者さま・医療関係者・市民の交流の場づくりを目指して、さまざまな活動を行っています。

「ピンクリボン in SAPPORO」

その他

   
実施年 その他主な活動内容 詳細
2016年 東日本大震災復興支援「未来絵PROJECT巡回展」への協賛
2017年 札幌国際芸術祭2017(SIAF2017)への協賛 札幌市ホームページ
札幌国際芸術祭ホームページ
2017年 2017 冬季アジア札幌大会への寄付
2017年 金沢大学「メディークウォリティ・セキュリティ講座」への寄附
2017年 「Osaka Great Santa Run」のゴールドパートナーとして協賛 Osaka Great Santa Run