本文へスキップします。

サイト内検索 検索
【全】ヘッタリンク
【参:カテゴリイメージ】アイングループの薬局
H1

在宅医療

コンテンツ

人を支える在宅医療への参画

地域医療へのさらなる貢献を目指して、全国のアイングループの薬局が、在宅医療に参画。薬剤師が医師と同行、あるいは単独で患者さまのご自宅や高齢者施設を訪問し、他の医療従事者と連携しながら薬物治療をサポートします。

こんな時はお気軽にご相談ください

薬局まで行くのが大変→ご自宅に訪問いたします

薬を飲み忘れてしまう→飲み忘れがないようお手伝いをいたします

薬の管理ができない→残薬の整理をいたします

薬が飲みにくくなってきた→飲みやすい工夫をいたします

在宅医療Q&A

どうやったら在宅医療(訪問薬剤管理指導)をお願いできるの?

在宅医療を始めるためには、医師からの指示が必要です。まずは受診している病院の医師やアイングループの薬剤師、居宅介護支援事業所のケアマネジャー等にご相談ください。

どういった手続きが必要なの?

手続き内容に関してアイングループのスタッフがご説明いたします。内容を確認していただき、契約または同意の上でサービスを開始することができます。

お金はどのくらいかかるの?

料金はお持ちの保険の種類によって異なります。お薬代の他に下記の料金がかかります。

医療保険

単一建物診療患者の人数 1人 2~9人 10人以上
在宅患者訪問薬剤管理指導料 650円 320円 290円

介護保険

単一建物居住者(診療患者)の人数 1人 2~9人 10人以上
居宅療養管理指導費 507円 376円 344円

※上記は1割負担の方で1回のご利用にかかる料金です。
※料金は単一建物にて訪問薬剤管理指導を行う患者さまの人数により異なります。
※同居する同一世帯にて2人以上に対し訪問薬剤管理を行う場合は、単一建物住居者(診療患者)1人での料金となります。
※麻薬管理が必要な方は、1割負担の方の場合で上記料金に100円加算されます。
※介護予防居宅療養管理指導費は居宅療養管理指導費と同じ料金です。
※公費等により負担金が変わる場合があります。
※別途交通費が発生する場合があります。

現在介護保険を利用していますが、一緒に使用することはできますか?

ご利用いただけます。介護保険をご利用の場合、居宅療養管理はケアプランに含まれませんので、他の介護サービスには影響を与えません。

アイングループのどの薬局で在宅対応をしてもらえますか?

全国のアイングループの薬局で対応します。ご自宅の近くの薬局までご相談ください。

在宅支援薬局一覧

地図をクリックで各地の在宅支援薬局一覧がご確認いただけます。

北海道 東北
関東 北信越 東海 近畿 中国 四国 九州・沖縄

地図をクリックで各地の在宅支援薬局一覧がご確認いただけます。

アイングループの在宅医療モデルの構築

アイングループの在宅医療モデルの構築

アイングループでは2008年11月よりアイン薬局 夕張店をモデル薬局とし、在宅医療のモデル構築に努めてきました。
夕張市の高齢化率は49.9%と、全国平均27.2%と比較しても非常に高く、在宅医療における薬剤師業務の必要性が高い地域としてスタートしました。

※高齢化率は2017年1月1日現在 ※高齢化率=(65歳以上人口)÷(総人口)×100

夕張モデルで構築したノウハウを全国のアイングループの薬局に拡げ、更なる地域医療への貢献を目指します。

地域包括ケアシステムの一翼を担います

地域包括ケアシステムの一翼を担います

患者さまを中心として、医療機関や訪問看護ステーション、介護施設等と密な連絡・連携をとる地域包括ケアシステムの体制づくりに積極的に参画。地域医療を支える「かかりつけ薬剤師」として在宅訪問を行うことで、服薬情報の一元管理や多剤・重複投薬、残薬解消等の役割を担います。

アイングループの90%以上の薬局で在宅訪問実績があります

90%以上

アイングループの90%以上の薬局で在宅訪問実績があります

在宅訪問実績薬局率

2008年より在宅医療に取り組んできたアイングループは、全国90%以上の薬局で在宅訪問の実績があります。これまで積み重ねてきたノウハウを全国に展開し、患者さまにとってより良い自宅療養生活を送ることができるようサポートを行っていきます。