アイングループ新卒薬剤師採用

アイングループ

MENU

PERSON 01

新人薬剤師

2018年入社
新美 綾乃
東京薬科大学卒

医療の道は、

目の前の患者さまから
はじまる。

薬を飲まなければ、
治るものも治らない。
本当に治るように
寄り添いたい。

元々、薬剤師を目指すようになったのは高校生の時。祖父が病床に臥せっていたことがきっかけでした。心臓が弱く、たくさん薬を飲んでいた祖父。本人も家族も皆が支えましたが、よくなることはありませんでした。その時、もしも、もっと効果のある薬があれば…あるいはもっと適切に服薬する習慣ができていたら…祖父は治っていたのかもしれない。医療の世界に「もしも」は禁物ですが、当時はそんなふうに考えてしまっていました。その時のことが忘れられず、大学から薬学の道へ。そして就職活動では、創薬と薬局薬剤師の二択で悩みました。しかし、創薬よりも薬を適切に飲むことをきちんと伝えることの方が大事だと思えたんです。どうしてこの薬を飲んでいるのか、その理由がわからないままに服薬していると、飲むのが大変になり、そのせいで服薬を止めてしまう。こうした患者さまに寄り添い、きちんと意味を伝えていくことで、少しでも病気が治る方を増やしていきたいと思い、薬局薬剤師になる道を選びました。

小さな気づきが、
やがて患者さまの
命を救うものと
なるかもしれない。

1年目から責任ある業務を任せてもらえました。私の場合、通常の調剤とは別に、DI(ドラッグインフォメーション)業務にも携わらせてもらっています。DI業務とは、店舗にいらっしゃる製薬メーカーの方から、薬の説明を受け、それを薬局のスタッフと共有するという業務。勉強会を開くなど、薬について知る機会を自らつくることができるため、自分だけでなく、周りと一緒に成長していくことができます。今後は、店舗の開発や運営にも携わりたいと思っています。例えば、私が勤務している薬局では高齢者の方がたくさんいらっしゃるのですが、「問診票が見づらい」とおっしゃる方もいました。そこで、局内で検討して、問診票の文字の大きさをカスタマイズすることに。患者さまからの声をすぐに反映できることに大きな喜びを感じました。これからも、薬局を利用してくださる全ての方に、便利で快適な環境をつくっていけたらと思っています。私たちの仕事は、お薬を渡すことですが、渡し方を改善すれば、やがて命を救うことに繋がるかもしれません。そんな想いで、これからも頑張っていきます。

OFF SHOT

休日は、同期や大学の友人と一緒に、美味しいものを食べにいくことが多いです。どこから仕入れてきたのか、友人たちはスイーツの情報に詳しいので、それを求めて街をぶらぶら。歩き疲れた頃にはちょうどスイーツが食べたくなっていて、スイーツの無限連鎖です。