アイングループ新卒薬剤師採用

アイングループ

MENU

かかりつけ薬剤師

患者さまに
“選ばれる”存在へ。

2025年を目処に、高齢者が住み慣れた地域で最期を迎えることができるよう、国をあげて医療や介護システムの再構築が進められています。薬局も医療機関として地域に密着し、「かかりつけ薬局」としての機能を持つことが求められています。また、2016年の診療報酬改定でかかりつけ薬剤師制度が新設され、服薬情報を一元的・継続的に把握し、薬学的管理・指導などの機能を果たすことがかかりつけ薬剤師には期待されています。そのような中、アイングループでは一人ひとりの患者さまの想いにしっかり応えていくべく、積極的にかかりつけ薬剤師を推進しています。

かかりつけ薬剤師にまつわる実績

かかりつけ薬剤師

1500人以上

さらに増加中

届出店舗数

900店舗以上

さらに推進中

薬剤師の声

後藤 沙矢香さん

2016年の診療報酬改定で新設されたかかりつけ薬剤師制度をきっかけに、私はかかりつけ薬剤師として患者さまに何ができるだろうかと強く考えるようになりました。かかりつけ薬剤師は、一人ひとりの患者さまに深く向き合うことができます。そこから見えてきた解決策を提案し、患者さまの生活を支えることがやりやすくなります。例えば、複数の医療機関から渡された薬をまとめて整理したり、他にも残薬の確認をしたり、飲みづらい粉薬は錠剤への変更を、患者さまの背景も考えて医療機関に提案することで、処方が変わるのです。すると、患者さまより「いつもありがとう。頼りにしています」「他の病院にかかっても、薬はあなたにお願いしたい」などのお言葉をいただくことが増えてきました。今後も患者さまとの信頼関係を深め、かかりつけ薬剤師としての職能発揮のためにできることを積極的に実行していきたいと思います。

後藤 沙矢香
城西大学卒
2001年入社

松本 麻里子さん

今、所属している薬局に新人配属されてから11年。異動や出産で離れた期間もありましたが、2年前からかかりつけ薬剤師として働いています。新人のころから「指名される薬剤師になりたい」と思っていたので、私にとってかかりつけ薬剤師はうってつけの職務だと思っています。毎日たくさんの患者さまが来局する中で、一度の応対では不十分になってしまうこともありますが、かかりつけ薬剤師になることで患者さまとお話しする回数を重ねることができるため、詳しく話を聞くことができます。生活スタイルや家族構成・価値観に沿った提案ができるのがかかりつけ薬剤師の強みだと思っています。症状が安定し、処方がない日にも相談の電話をいただくこともあり、頼られている喜びを感じます。

松本 麻里子
慶應義塾大学卒
2009年入社

CONTENTS LIST