アイングループ新卒薬剤師採用

MENU

PERSON 09

採用担当

運営研修部
2013年入社
高橋 良太

患者さまのサポートから、学生のサポートへ。

数か月前まで薬局薬剤師。
それが今や本部にいる。

北海道で薬剤師としてのキャリアを積み、現在は運営研修部に所属しています。まだ異動してきたばかりで右も左もわからない状況ですので毎日が刺激的です。人との接し方や話し方ひとつとっても、患者さまや医師以外とお話しするため、言葉遣いや気配りには今まで以上に注意しています。おそらく就活中の皆さまとも、インターンシップや企業研究会等でお会いすると思います。その時は気軽にお声がけくださいね。もちろん採用に関する質問だけでなく、薬剤師についての質問でも大丈夫です。でも考えてみれば、ほんの数か月前まで白衣を着て薬剤師として仕事をしていて、それが今やスーツを着て学生のそばで仕事しているなんて、何だかとても不思議な気分です。でも、そんなキャリアステップを積めるのもアイングループならではかもしれません。チャレンジを奨励する会社ですので、手を挙げればスピーディーに事が進んでいきます。アイングループで仕事していると良い意味で毎日があっという間に感じますよ。

薬局薬剤師の魅力を
自分のことばで伝えたい。

元々、就職活動ではたくさんの企業に応募しました。調剤薬局の他、製薬メーカーや病院等。おそらく20社以上にはエントリーしたはずです。そんな中、調剤薬局に決めたのは、やはり患者さまとのコミュニケーションを取りたいと思ったからでした。研究・開発にも興味がありましたが、誰かの役に立っている実感はやはり直接患者さまと接する仕事だと考え、アイングループへの入社を決意しました。かかりつけ薬剤師として患者さまに貢献した実感、多職種と連携して取り組んだ在宅医療等、自分が経験した薬局薬剤師の魅力を学生の皆さまに伝えていきたいと思います。薬局の魅力や求められる役割を伝えたいと思っていましたので、今の仕事につけて非常に嬉しいです。これからはもっと知見を広げていき、もっと広く貢献できるようにスキルアップしていきたいと思っています。

OFF SHOT

北海道は本当に良いところです。特に僕はドライブが好きなのでドライブし放題。北海道の最南端から一番北の稚内や知床まで行ったこともあります。色んなところに行くと、新しい景色が見えたり、新しい人と触れ合ったりして、視野が広がっていくのが好きですね。思い出深いのは知床の世界遺産。早朝に着いたのですが、霧がかる中で誰もおらず自分ひとり。あの幻想的で非現実的な空間は本当に最高でした。