アイングループ新卒薬剤師採用

MENU

スペシャルコンテンツ

Q&Aに答える座談会

毎年アイングループの採用に届く学生からの質問。
その質問を、実際の社員たちが答えます。
ちょっと答えずらい質問等もありますが、
今回は、正直ベースで特別にお答えいたします!

Q1:実はとても忙しいんですよね?

  • 正直、最初の3年間は忙しいです!処方箋が日本一届く会社ですので、薬剤師がいくらいても足りないくらい(笑)。でも、その分、成長は早いですよ!

  • 正直一日がすごく短く感じる日はあります。あれ、気付いたらもう18時だ、みたいな。そんな日はへとへとになりますが仲間たちとご飯を食べれば回復しますね(笑)。

Q2:異動や応援ばかりなんですか?

  • 人によって違います。1、2年で異動になる人もいれば、10年以上同じ店舗にいる人もいます。ちなみに私は3年目ですが2店舗目です。個人的には様々な店舗を経験したほうが刺激的で楽しいです。

  • 他の店舗に応援で行くことがありますが、扱っている薬も違えば患者さま層も違います。この違いを経験したことで成長している実感があります。

Q3:アイングループへの
入社の決め手は?

  • 患者さまのすぐそばに寄り添える会社だと思ったからです。元々は就職先として薬局、病院、ドラッグストアも検討していましたが、患者さまに近く、地域に根付いていると思い薬局を選びました。その中でもアイングループは安定性があり長く働くことができると思い入社を決めました。

  • 大学の実務実習でやりがいを感じたので薬局薬剤師を選びました。病院にはカルテがあるため病状が分かります。でも薬局は患者さまと話をしないと適切な対応はできない。どちらかと言えば、自分には直接会って話せる方が性に合っていると思ったから入社を決めました。

  • 私は企業力が決め手でした。薬局はコンビニより多いにも関わらず、社会貢献性があまり認知されていない。だから薬局の担っている役割をしっかりと広めていけるような高い企業力を持つところに惹かれたんです。また、アイングループが持つ“薬局を社会インフラにする”というビジョンにも共感し、アインを選びました。

Q4:アイングループに入って
会社のイメージは変わった?

  • 入社前から全国展開している安定した会社というイメージが強く、福利厚生等自分自身を守ってくれる印象が強かったです。7月に入籍をしましたが、旦那さんの勤務地にもスムーズに異動できましたし、入社前のイメージと変わりなく、本当に安心して働ける場所でした。

  • 担当してくれている採用の方がすごく良い人だったので、会社全体も良い雰囲気だと思っていました。実際に入社してからも、出会う人は皆良い人ばかりですのでイメージ通りです。同期とも仲が良く、毎年一緒に海外旅行に行っています。

  • 想像していた以上にチャレンジに対して背中を押してくれる。自分の熱意さえあれば何でも挑戦できる雰囲気があります。もちろん失敗することもありますが、失敗しても「次にどうすればいいか」を皆で考えてより良い方法を思案しています。

Q5:休みは取りやすい環境ですか?

  • もちろん!しっかりと毎月、休みの希望日を確認してくれますからね。予定も立てやすくて助かっています。結婚して関東に来たばかりなので、旦那さんと休みを合わせて観光しています。

  • 取りにくい環境はまったくないですね。同期と休みを合わせることもできるので、去年はハワイに行きました。遊びに行くためにお金をしっかり貯めています。

  • 休みを取れる環境をつくるのが薬局長の仕事ですからね。周りの店舗と協力をして、皆で休める環境をつくっています。もちろん自分自身も休みを取って、奥さんや仲間たちとの旅行を楽しんでいます。

Q6:それぞれの立場での
OJT研修制度の魅力は?

  • 分からないことがあれば気軽に聞ける空気は魅力的でした!忙しい時間帯でも、一瞬手を止めてきちんと教えてくれたので不安な部分もすべて解消できましたよ。

  • 私はOJTトレーナーを務めているのですが、入ってくる新人の知識が豊富で逆に教えてもらうこともあったりします。自分の学びにも直結しますね。普段からも話をするようにしていて今では相棒みたいな感じになりました。

Q7:薬剤師の
やりがいを教えてください。

  • やっぱり人が笑顔になる瞬間ですね。患者さまでも店舗スタッフでも。普段からしっかりと話を聞くことを心掛けているので、そこから会話の糸口を探しています。元々コミュニケーションを取るのが好きなんです。

  • 私も一緒です!総合病院を対応している薬局なので午前中は忙しいですが、患者さまから「あなたに相談して良かった」と言っていただけると、忙しさも疲れも吹っ飛んでいきますね。

  • 在宅医療の際に「ご飯食べていけよ」「一杯呑んでいくか?」と言われると嬉しいですね。まるで家族の一員になったような気がして、この仕事をしていて良かったなと思えます。

  • やはり名前を覚えてもらった時は嬉しいですよね。患者さまが医師に言えなかったことを自分には話してくれる。そういう間柄だからこそ気付ける問題点があって、それに対応して改善できた時は貢献していると実感します。

Q8:今後の目標を教えてください。

  • まずは独り立ち!自分で何でもできるようになること。来年は自分と同じように新人が配属されてくるので、知識はもちろん、私生活の悩みまで聞けるような信頼されるOJTトレーナーを目指したいです。

  • 薬局長になること!今は3年目ですが責任者になるための準備をしています。店舗スタッフが働きやすく、チームワークを発揮できるような店舗をつくりたいです。

Q9:学生への
メッセージをお願いします。

  • アイングループには気軽に相談できる先輩が多いです。普段から仕事もオフも充実させることができます。その点は心配せずにアイングループを選んでください!

  • 薬局薬剤師の役割は広がっています。もし薬を渡すだけの仕事だと思っているのであればその思い描いている薬剤師の世界と実際は違うかもしれません。薬剤師としての専門知識も対人スキルも必要となります。大変な分だけやりがいもありますし、私自身思い描いていた通りの仕事だったら、これほど仕事を楽しめていなかったと思いますね。

  • アイングループは様々なことにチャレンジすることができます。会社を通して成長したいと思っている人をお待ちしています。

  • 一生を決めるすごく大事な時期です。自分の人生で何ができたら幸せだと思えるか、それをしっかり考えて、会社選びをしてください。