調剤薬局・ドラッグストア アイングループ調剤薬局・ドラッグストア アイングループ

教育システム

プロとして、人として信頼される薬剤師を

基本的な社会人・企業人としてのあり方から、薬の専門家としての深い知識まで、着実に習得できる教育システムを構築。自ら問題点に気づき、解決策を考え、実行できるようになるための環境を提供し、社員一人ひとりのスキル向上と全体のレベルアップを図っています。

アイングループの研修体制

知識・マナーから、ベテラン薬剤師が持つ経験まで、着実に習得できる教育システムを構築。全国の社員に、自分のステージに合わせたプログラムへの参加を義務づけ、一人ひとりのスキル向上と全体のレベルアップを図っています。

※OJT研修では、実務経験を積んだ薬剤師がOJTトレーナーとして現場で指導にあたります

新入社員研修

社会人研修
入社後すぐに行われる研修です。新入社員全員が参加し、学生から気持ちを切り替え、正しいビジネスマナーを身につけた「社会人」として、患者さまのニーズに適確にお応えできる「医療人」として、会社の経営方針・収益構造を理解した「企業人」として、働くとはどういうことかを学びます。

薬剤師研修
社会人研修を経た後、薬剤師は薬剤師研修を受けます。医療の現場では患者さまを始めとする社会のニーズに専門知識をもって対応していくことが求められます。
この研修では、アイングループのルールに基づいて基礎的な知識・技術を確認するとともに、医療の現場で働くことの責任の重さを学びます。また、アイングループの新入社員は、この薬剤師研修の期間に、同時に入社した薬剤師と同期としてのつながりを深めることができます。

OJT研修
薬局配属後、各薬局においてOJT研修を行います。専属の現場教育担当(OJTトレーナー)が中心となって、患者さまへの対応を中心に、薬局の機能や地域での薬剤師の役割などを実践的に学びます。OJTトレーナーとして現場で指導にあたるのは、実務経験を積みトレーニングスキルを学んだ薬剤師です。

※OJT On-the-Job Training

フォローアップ研修
入社後5年間はフォローアップ研修を行います。
1年目は服薬指導や最終鑑査のスキルの再確認、2年目は後輩指導のための知識、技術、コミュニケーションスキルの習得、3年目は薬局の中核スタッフとしての行動やマインドについて学びます。薬局長や管理薬剤師など薬局の管理者となり始める4、5年目ではリーダーシップやマネジメントスキルを習得します。

OJTトレーナー研修・新任薬局長研修

OJTトレーナー研修
OJTトレーナーとして後輩の指導・育成に必要な知識、技術、コミュニケーションスキルを習得するためのコーチング研修を設けています。また、育てることを通して、トレーナー自身の成長を促します。
新任薬局長研修
管理者となる薬局長は経営や店舗管理、人事管理に関する知識が必要となるため、新任薬局長を対象に各分野の専門スタッフが指導を行います。丁寧な指導、相談を行うことで薬局長という職務に対する不安も解消されます。

その他の研修サポート

海外研修
入社5年目以上の社員を対象に実施しています。2016年度は22名がアメリカのロサンゼルスで、薬局・病院・在宅医療施設・小売の現場を視察し、アメリカでの薬局の位置づけや日本との保険制度の違い等を学びました。アメリカの薬局薬剤師の幅広い職域を知ることにより、薬局薬剤師の在り方や患者さまとの向き合い方を改めて考える機会となります。

スタッフ研修
調剤業務についてはもちろんのこと、接遇やクレーム対応、災害時の対応までを現場の視線で分かりやすくまとめたスタッフマニュアル「STAFFWORKS A to Z」。毎年更新し、新人研修で使用するほか、社員専用ホームページではいつでも最新版を確認することができます。
また、調剤薬局のリーディングカンパニーとしてマニュアルの公開も重要な役割と考え、2006年には日経BP社より「調剤薬局運営パーフェクトマニュアル」として発売を開始しました。2011年には改訂版を発売し、実務実習の教材として取り入れる等、常に新しい情報の公開に積極的に取り組んでいます。

調剤薬局運営パーフェクトマニュアルについて

※日経BP社


調剤薬局運営
パーフェクトマニュアル

学会参加・発表
自社内での研究成果を学会で発表することに積極的に取り組んでいます。これまでの実績として、日本薬剤師会学術大会、日本薬局学会、日本医療薬学会、日本医薬品情報学会等で発表しています。
学会・学術総会発表・論文発表